コロナ対策 免疫力

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっています。感染しないためには免疫をつけるのが一番ですが、そのためにはどうすればよいのでしょうか。

免疫力って?

免疫力は、病気にならないようにヒトを守ってくれている力です。ヒトが自分にとって有害なものを識別して排除していく防衛機構です。免疫力がたっぷりあれば人は病気になりませんが、免疫力が低下していると容易に病気になったり体調を崩したりします。病気や体調不良になるかどうかは、免疫力の強さが大きく関与しています。

病気になる人と病気にならない人の違い

大気中など外界には無数の病原菌やウイルスが存在し、常に皮膚や粘膜に付着したり、呼吸により鼻、喉、気管支に侵入したりしてきます。このとき免疫力が十分備わっていれば、容易に体内に入ってくることはなく、健康が保たれます。同じ環境で生活していれば同じ程度の細菌やウイルスに接することになりますが、病気になる人とならない人がいるのは、その人の免疫力の強さが違うからです。

免疫力が上がる漢方

漢方薬には、免疫力が上がる薬が複数ありますが、代表的なのは補中益気湯というお薬です。「中気下陥」に対する処方として有名ですが、免疫力が上がることは漢方の世界ではとても有名です。

ウイルスに打ち勝つ補中益気湯

補中益気湯にはコロナウイルスをやっつける力はさすがにありませんが、予防という観点からは有効な手段です。もともと漢方薬はウイルス性疾患に対していかに対処するかを考えて作られた学問です。

規則的な食事・睡眠が基本ですが、漢方薬でさらに免疫力をつけてこの難局を乗り切っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です