「寒の水」でエネルギーを

寒から立春までが「寒の内」で、この期間にくんだ水を「寒の水」と言います。古来、水がもつ本来のエネルギーや浄化の力が最もみなぎっていて、腐らないと考えられ、みそや日本酒など発酵食品の仕込みに使われてきました。

Atacched FileAtacched File

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です