「秋バテ」を防いで、快適な秋を過ごす知恵

暑さがやわらぎ、過ごしやすくなる季節、体調を崩しやすくなります。その原因は、冷房や冷たい飲食物による冷えによるもの。冷えにより自律神経のバランスが乱れ、秋口まで不調が続く「秋バテ」を感じる人が増えています。

夏の疲れがたまると「秋バテ」に!?

「夏バテ」は、夏の暑さにより体力 や食欲が低下し、疲れやだるさなどの不調が生じる暑気あたりのこと。通常は暑さがやわらぎ涼しくなれば回復します。

「秋バテ」は、暑さがやわらぎ過ごしやすくなる時期に起こる、身体のだるさや疲労感、食欲不振などのさまざまな不調。
夏の疲れがたまることで体力を消耗し、自律神経のバランスの乱れや血のめぐりが滞ります。

 

 

☑ 「秋バテ」チェック

こんな症状ありませんか?

□ 疲れやすく体がだるい         
□ やる気が出ない
□ 食欲がない
□ 朝すっきり起きられない
□ めまい、立ちくらみがする
□ 頭がボーっとする
□ 風邪をひきやすい
□ 口やのどが渇く
□ 寝汗をよくかく

上記の症状がある場合、秋バテの可能性大!

思いあたったら要注意!

秋バテの原因とは

  • クーラーによる部屋の冷やしすぎ
  • 冷たい食べ物でのからだの冷やしすぎ
  • 日中の暑さによる疲労
  • 朝晩の気温の低下による冷え

「秋バテ」は真夏のままの生活様式を引きずり、からだを冷やしすぎることが原因の1つです。
クーラーの温度設定や食べ物、洋服のチョイスを意識しましょう。

「秋バテ」対処法

① 体質や季節に合わせた食事を     

冷たいものをとらないようにする
温かい食べ物・飲み物をとる
旬の食材・温める食材をとる

② ぬるめの湯船にゆっくりと          

副交感神経が優位になり、一日の疲れも取れる
リラックスし夜もぐっすり

③ 質の良い睡眠を心がける     

活動をちょっと控え、ゆっくり休養し充分な睡眠を

 

生活習慣を見直しても解消しないときは、漢方のチカラで改善できます。
お気軽にご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です