インフルエンザ、コロナ対策 板藍根(ばんらんこん)

新型コロナウイルス感染、全国的には、かなり増加しています。これから寒くなり、乾燥しやすく、屋内での換気が不十分になりやすくなる時期です。

インフルエンザとの同時流行も懸念されています。コロナをはじめとしたウィルス性の感染症対策には抗炎症作用のあるお薬が有効です。

今回ご紹介する板藍根は抗炎症作用のほか抗菌作用や抗ウイルス作用などもあり体の内側から免疫をアップして様々な感染症におすすめのお薬です。

新型コロナウィルス感染拡大になる前に、お家の常備薬として板藍根を備えましょう!

飲みやすい板藍根

漢方薬局氣楽では漢方専門の薬剤師が症状や体質に合わせて漢方薬を処方・ご紹介いたします。
今までなかなか良いお薬に出会えなかった方もお気軽にご相談ください。

板藍根の薬効

ホソバタイセイ

板藍根は抗菌作用の幅が広く、多種類の細菌の増殖や、多くのウイルスの働きを抑制し、インフルエンザウイルスの増殖も抑制することが報告されています。

板藍根は、アブラナ科のホソバタイセイの根を乾燥したものです。新型コロナウイルス感染症対策として、台湾国家中医学研究所ガイドラインに予防薬としても記載があります。

台湾国家中医薬研究所所長 蘇奕彰によるガイドライン

また、漢方の仙頭クリニックの仙頭正四郎先生の本にも、予防的投与として、板藍根を併用するとの記載があります。

新型ウイルス感染症の 治療と予防の漢方戦略 ~パンデミックから命を守る(仙頭 正四郎)

板藍根の漢方的な薬効は、清熱・涼血・解毒で、西洋医学的には解熱・抗炎症・抗菌・抗ウイルス作用などです。

風邪、インフルエンザ、肺炎、はやり目、顔面の発赤・腫れ、発熱を伴う扁桃炎、口内炎、おたふくかぜなど様々な感染症や炎症に用いることができるとされています。

こんなときには板藍根

●  風邪をひきやすい、インフルエンザの流行時の予防に!

風邪かなと思ったときや、受験シーズンなどで風邪をひくわけにはいけないときに!

●  よく扁桃腺が腫れて高熱を出すお子様

急性の場合はもちろん、何度も繰り返す扁桃腺炎にも!

●  喉に違和感がある

喉からくる風邪や、急性咽頭炎などで喉の痛みや腫れがひどいときに!

●  口内炎ができやすい

口内炎や口のまわりの水疱(ヘルペス)ができやすい方や、なかなか治らないときに!

● ニキビが化膿しそうなとき

ニキビや吹き出物が大きく膨れたり、化膿して痛くなりがちな方に!

●  お腹を壊しやすい

細菌性の急な下痢のときやお腹を壊しやすい方に!

これまで以上に新型コロナウィルスへの警戒を強め、一人ひとりが三密回避・マスク着用・消毒手洗いをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です