冷え症、低体温の方、増加中!漢方で温活

冷え症、低体温でお悩みの方が増えています。

冷えをより一層感じる冬。

辛い冷えや冷えからくる頭痛、肩こり、腰痛でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな辛い冷えでお悩みの方におすすめなのが「婦人宝」です。

体の冷えの原因には、さまざまなものがありますが、なかでも「血虚(血の不足)」が大きくかかわっています。

婦人宝は、「血虚」に作用するトウキやアキョウをはじめとする9種類の生薬を配合したシロップタイプの漢方です。

不足した血を補い、体を温めて、血の巡りをよくし、冷え症や冷えからくる頭痛、肩こり、腰痛などを改善してくれます。

「婦人宝」という名前から女性の漢方と思われがちですが、女性だけでなく冷えや貧血、腰痛などでお悩みの男性の方にも服用していただけます。つらい腰痛のある男性にお飲みいただき、「腰から温まって腰痛がずいぶん楽になった」とのお言葉もいただいております。

冷えの原因「血虚(血の不足)」とは?

漢方でいう「血」は、全身に栄養を与え、潤す働きや気持ちを落ち着ける働きなどがあり、その血が不足することを「血虚」といいます。「血虚(血の不足)」になると、冷え、肌の乾燥、抜け毛が増える、爪が割れやすくなる、不眠などの症状が現れ始めます。とくに、女性は、生理などで血虚になりやすいため、冷えが気になる方も多いのではないでしょうか?

その不調は“血虚”のせいかも?

なんとなく疲れる、冷えがつらいなど、あなたの不調をチェックしてみましょう。

  • 手足が冷えやすい
  • かれやすく、顔色が悪い、時にふらふらする
  • 月経(生理)の後半から終わった後に生理痛がある
  • 経血が少なくなり、月経機関が長くなりやすい
  • 筋肉が痙攣したり、つりやすい
  • 爪が薄くて割れやすい
  • 目が疲れやすく、乾きやすい
  • 肌が乾燥する
  • 紙にツヤが無くパサついて、抜け毛が多い
  • 不安感が強く、気分が落ち込みやすい
  • 眠りが浅く、夢を見ることが多い

2つ以上あれば、血虚かもしれません。ご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です